Z会の添削


記述対策に最適

京都大学を含め、国立大学入試二次試験では、記述型、論述型の問題が多く出されます。

Z会の添削

Z会に入会すると問題が月2回届きます。(コースによっては月1回) 解答を記入して提出すると、びっしりと添削されて返送されます。 提出から返送までは2〜3週間です。

答えが正しいかどうかだけでなく、例えば数学なら考え方に問題は無いか、十分な説明を答案に書いているか、等も添削してもらえます。

添削に向く人、向かない人

塾や家庭教師は決まった時間がありますが、添削は時間が決まっていません。 このため、自由度は高いですが、さぼりやすい、という危険性もあります。

自己管理ができる人には添削をお薦めしますが、誘惑に負け易い人は、塾等のほうが良いかもしれません。

二次試験対策に

国立大学入試二次試験では、記述型、論述型の問題が多く出されます。 特に京都大学では、国語、数学をはじめ、ほとんどの教科で論述式の解答を求められます。 解答の書き方、説明の仕方などは、自分ではなかなか上達しないものです。 他人に答案を見てもらうことで伸びるので、Z会の通信添削を受講すると良いでしょう。


Z会資料請求はこちら