エントリーシート




サラリーマンは二度破産する

就職活動の第一関門

就職活動はエントリーシート記入から始まります。

エントリーシートとは

エントリーシートとは、履歴書のようなもので、自分の所属や連絡先などの情報の他、志望動機、自己PR、学生生活で力を入れたことなどを書くようになっています。 面接時の資料としても利用されることが多いので、就職活動の第一関門と言って良いでしょう。

エントリーシートの書き方

なるべく具体的な説明を心がけましょう。 採用担当者は数百枚〜数千枚のエントリーシートを読むはずです。 抽象的な表現や曖昧な言い回しでは、担当者の記憶に残りにくいです。 例えば、自分の長所として行動力がある、ということが言いたいのであれば、このような事があったとき、自分はこうした、といった事例を上げるようにしましょう。

エントリーシートは会社により項目も記入スペースもまちまちですが、記入欄をほぼ使いきるようにしましょう。 志望動機が短かい場合は、意欲が無いと判断されるかもしれません。

エントリーシートと面接

多くの企業では、面接時の資料としてエントリーシートを利用します。 エントリーシートにやたらと美辞麗句を並べたりすると、 面接でボロが出るかもしれませんので注意しましょう。 また、エントリーシートのコピーを取っておき、面接前に見直すようにしましょう。