外国語の選択

第二外国語は初めが肝心

大学では第二外国語が必修です。 語学が好きな人も嫌いな人も、頑張って勉強しましょう。

京大で開講されている外国語

京大では、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、イタリア語、 スペイン語、中国語、韓国語、アラビア語が学べます。 (管理者が1回生だったときのデータです。 また、文学部科目としていくつか外国語が開講されています。)

どの外国語を学習するのがいいの?

たいていの人は英語を受講するでしょうから、 残りはあと1つですね。 言語によって難易度の違いはありますが、 自分の興味のある国や地域の言語を選択するのがいいでしょう。

学びやすい、という観点からは、 日本語と構造が似ている韓国語が一番学習しやすいでしょう。

なお、学部によっては、選択できる外国語に制限があることがあります。 学部便覧で確認しておきましょう。

外国語学習のコツ

単位を取る、という観点からは、 最初の2ヶ月ぐらいはしっかり勉強しておくのがいいでしょう。 この時期に基本を学ぶので、ここで脱落すると、単位を落とす可能性が高いです。

基本さえマスターしておけば、合格点ぐらいは取れます。 また、語学の授業は出席の比重が高いので、 なるべく多く出席しておくことも大事です。