家計簿をつけよう



家計簿で収支管理

大学生活はお金がかかります。 楽しい大学生活を送るために、 しっかりお金の管理をしましょう。

家計簿とは

家計簿とは、家の収入・支出を記録しておくものです。 要するにお金の出入りの記録ですね。 単に金額だけでなく、日付と項目を記入しておきます。

例えば支出の項目は、食費、書籍費、住居費、被服費、光熱費、通信費などがあります。 もっと細かく分類することもできますが、 最初はシンプルにしたほうがいいでしょう。 複雑にして途中で投げ出すくらいなら、 簡単でも記録しておく方が、後々役に立ちます。

家計簿をつけるメリット

家計簿をつけるメリットは、無駄遣いが減ることです。 といっても、家計簿をつける作業自体は無駄遣いを減らしてはくれません。 家計簿をつけたら、見直してみることが必要です。

1ヶ月つけてみると、大体の収支が分かります。 予想よりも多かった部分がどこか、を見ましょう。 また、あとから見直すと、無駄だったなあ、と思う出費があるはずです。 そういう出費がどの項目に入っているか、もチェックしてみましょう。

お金の出入りを自覚するだけで、驚くほど無駄遣いが減るはずです。 まずは1ヶ月間、家計簿をつけてみましょう。