地震対策



地震対策のすすめ

地震はいつやってくるかわかりません。 もしもの時のために、自分でできる対策はしておきましょう。

京大近辺は危険!

京都大学のある京都市左京区付近には、活断層があります。 花折活断層と呼ばれ、京都大学と吉田山の間を走っています。 このため、近いうちに大きな地震が襲ってくる可能性が高いです。 もしもの時のために、備えをしておきましょう。

地震に備えるには

地震対策として、金具や突っ張り棒で、家具を固定しましょう。 ホームセンターに行くと、地震対策用品が販売されています。 本棚などの他、冷蔵庫やテレビも固定しておくと良いでしょう。 また、ガラス戸付の家具は置かないようにしましょう。

手軽な転倒防止用具として、粘着マットを紹介しておきます。 家具の足下に置くだけで、震度7クラスの地震でも対応できます。

地震対策No,1耐震くん(粘着マット)4P 地震対策No,1耐震くん(粘着マット)4P
家具の底に貼るだけ!地震の揺れによる振動を和らげ、転倒を防ぎます。 震度7の地震にも耐えられます。

地震が起きたら

地震が起きたら、頭を守るようにしましょう。 クッション等を頭上にのせれば、落下物から守れます。

地震の後、避難するときは、火事などの二次災害を防ぐため、 電源ブレーカーを落し、ガスの元栓を閉めておきましょう。

便利な防災グッズ

以下のようなグッズを用意しておくとよいでしょう。 緊急に備えるには、最低でも1日分の飲料水(1人2リットル)は確保しておきましょう。

防災用品 簡易浄水器スーパーデリオス 防災用品 簡易浄水器スーパーデリオス
ボトルに水を入れ、手で絞る方式なので、どこでも利用できます。 川の水などの濁り、汚れを除去して、飲める水にします。 非常時に備えて、1本用意しておくと便利です。
手まわし充電たまご 携帯電話充電機能付2バンドラジオ(サイレン・LEDライト付)MG-119S 手まわし充電たまご 携帯電話充電機能付2バンドラジオ(サイレン・LEDライト付)MG-119S
手動式充電で、乾電池不要のラジオ・ライトです。 1分間の充電でラジオ約60分またはライト約30分利用できます。 災害時の他、アウトドアにも重宝します。 携帯電話の充電もできます(一部対応していない機種があります)。
【イーグルス応援1102】災害避難時に備えて安心寝袋兼用リュック 【イーグルス応援1102】災害避難時に備えて安心寝袋兼用リュック
阪神大震災を教訓に考案されたリュックです。 避難所では寝袋として利用でき、避難時には頭を守るフード付きリュックとして利用できます。