銀行口座を開設しよう



銀行口座は一人暮らしの必須アイテムです。

一人暮らしを始めると、公共料金支払い、アルバイト収入受け取りと、 銀行口座が必要となることが結構あります。 銀行口座を開設して、お金を一括して管理するようにしましょう。

銀行口座開設の手続き

銀行口座を開設するには、 身分証明証(学生証、免許証など)、住所が分かる書類(公共料金の領収書など)、 印鑑が必要です。 銀行によっては、住民票のある住所しか認められなこともあります。 住民票が実家のままの場合は、実家の住所で申し込む方が無難です。 詳しくは、銀行の窓口でお問い合わせください。

銀行口座開設のメリット

特に一人暮らしの場合、銀行口座があると、公共料金支払いに便利です。 いちいち振込する手間が省ける上、 口座引き落としの場合、割引料金になる場合もあるからです。

もう一つは、アルバイト収入です。 大学に入るとアルバイトする人が多いと思いますが、 アルバイト収入は銀行振込のことが多く、 また本人名義の銀行口座でないといけないこともあります。 あらかじめ自分の銀行口座を作っておくと、あわてないですみます。

おすすめの銀行

京大生には、以下の銀行をお勧めします。

みずほ銀行
大学のすぐ近く、百万遍に支店があります。
三井住友銀行
有人店舗は四条通りまで行く必要がありますが、京都大学構内に ATM が設置されています。
イーバンク銀行株式会社
通常の銀行よりも預金金利が高いイーバンク銀行。 さらに、イーバンク銀行口座同士の振込手数料が無料で、 ネットショッピングやオークションに大変便利です。
新生銀行
有人店舗は四条通りまで行く必要がありますが、 インターネットからの振り込み依頼が月5回まで無料で利用できます。